新型コロナウイルスの感染拡大に伴って休校していた山梨県富士吉田市などの小中学校が16日から再開しました。

 山梨県ではこれまでに2人の感染が確認されています。しかし、富士吉田市は市内や近隣で感染者が出ていないことや休校で子どもたちの生活のリズムが崩れていることなどから、公立の小中学校11校で授業を再開しました。感染を防ぐために定期的に換気をして、教室の消毒も毎日します。
 また、富山市内のすべての公立の小中学校91校も再開されました。ただ、約3万人分の食材の準備が間に合わず、給食は提供できないということです。そして、不特定多数との接触を避けるために部活動の対外試合は当面禁止にしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み