河野防衛大臣は青森県の三沢基地を訪れ、最新鋭の戦闘機「F35A」などを視察しました。去年4月のF35Aの墜落事故後、防衛大臣が訪れるのは初めてです。

 最新鋭のステルス戦闘機「F35A」は三沢基地に去年3月から配備されています。しかし、翌月に三沢沖で墜落事故を起こし、パイロット1人が死亡しました。河野大臣はF35Aに搭乗し、ベールアウトの仕方など脱出方法について確認しました。また、最新鋭の空飛ぶレーダー基地とも呼ばれる早期警戒機「E2D」についても視察し、今後、イージス艦やF35Aとの連携強化を図り、警戒監視にあたる活動状況などについて説明を受けました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み