政府が、新型コロナウイルスの感染拡大で品薄状態の消毒液を、人工呼吸器などを使う子どもたちに配ることが、FNNの取材でわかった。

関係者によると、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」用に準備したものの、未使用のままとなっていた消毒用エタノール、およそ4,500本を全国の自治体などに渡し、人工呼吸器などを使う子どもたちのいる家庭に配るという。

新型コロナウイルスの感染拡大で、消毒用エタノールは品薄状態で、医療機関や保育所などだけでなく、人工呼吸器などを使っている子どもがいる家庭でも不足が続いている。

経済産業省によると、メーカーは、2月も前年比1.8倍の増産体制をとっている。

↓記事はこちら
https://www.fnn.jp/posts/00433880CX/202003150124_CX_CX

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み