新型コロナウイルスの感染拡大に備え、緊急事態宣言を発令できるようにする法律が14日施行されました。
安倍総理大臣がまもなく記者会見を開き、今後の対応などについて説明する予定です。
この法律は感染の拡大で国民生活や経済に甚大な影響が出ると判断した場合、総理大臣が緊急事態を宣言できるものです。
発令されれば対象地域の都道府県知事は娯楽施設の利用制限などを要請、または指示できるようになります。
安倍総理は午後6時ごろから会見を開き、今後の対応などについて説明する予定です。
全国一斉休校を要請した際には質問を打ち切ったとして批判が出たことから今回、どのように説明を尽くすかが焦点です。
こうした中、きょう、国内では長崎県で初めて感染が確認されたほか、札幌市で新たに5人など各地で感染が確認されています。

新規コメントの書き込み