新型コロナウイルス感染症に関して「緊急事態宣言」を出せる改正特別措置法が13日に成立し、14日から施行されます。

 改正特措法に基づき、緊急事態宣言が出されると都道府県知事が外出の自粛を要請したり映画館など人の集まる施設の利用制限を指示したりできるようになります。国民の権利が制限される懸念について、法律を担当する西村大臣は「必要最小限となるように適切に運用したい」と述べました。法律が成立したことを受けて安倍総理大臣は14日夕方に記者会見を開き、自ら説明します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み