2019年2月に惜しまれつつ幕を閉じた香港の超有名レストラン「蓮香樓」が3月11日に復活しました。


90年間営業をしていた蓮香樓は2019年2月に閉店し、同じ場所で新オーナーが店名「蓮香茶室」として営業していましたが、社会運動や新型ウイルスの影響で2020年1月に閉店を検討していたところ、元々のオーナーである4代目顏漢彬氏が大家と話し合い、1年間の賃貸契約を締結して「蓮香樓」を復活させることになったそうです。


現在の営業時間は朝と昼のみとなっており、店内の様子やスタッフは以前の蓮香樓と同じとのこと。飲茶の提供も、手押しのワゴンに点心(テンシン)を乗せてフロア内をまわり販売する昔ながらのワゴン式スタイルとなっています。


4代目顏漢彬氏は「スタッフが落ち着いて働ける環境を提供し、味も安定させます」と香港メディア01に話しました 。


老舗店舗の閉店が相次ぐ香港に、突然沸いた老舗飲茶店復活のニュース。香港人や外国人旅行客に人気のあるレストランとしても復活が期待されます。


蓮香樓(Lin Heung Tea House)

住所:160-164 Wellington Street, Central

提供元:hongkong-bs.com

新規コメントの書き込み