新型コロナウイルスの感染拡大に対応するための改正特別措置法が参議院の本会議で与党と立憲民主党など野党の賛成多数で可決し、成立しました。

 この法律は14日から施行され、2年間の時限措置で新型コロナウイルスの感染拡大に対応できるようになります。総理大臣が国民生活や経済に甚大な被害を及ぼすと判断した場合に緊急事態の宣言が可能で、都道府県知事が外出の自粛要請や映画館など人の集まる施設の利用制限を指示できるようになります。法律を担当する西村大臣は「緊急事態宣言は伝家の宝刀だ」と述べ、宣言をせずに済むよう収束に全力を挙げる考えを強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み