新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響が深刻なものになるとの見方から、世界的な株価急落の流れが加速している。

こうした中、安倍首相が、アメリカのトランプ大統領と新型コロナウイルスに関して電話会談を行い、世界経済や東京オリンピックが議題にのぼった。

日米の首脳が新型コロナウイルスをめぐり協議するのは初めてで、安倍首相は感染防止に向けた日本の取り組みを伝え、東京大会の「予定通りの開催に向けて、準備を進めていく」と強調した。

電話会談は、アメリカ側からの呼びかけでおよそ50分間行われ、両首脳は、感染拡大にともなう世界経済の現状と対策について意見交換した。

また、トランプ大統領が、「1年間の延期」に言及したばかりの東京オリンピックについても、意見交換が行われた。

安倍首相は、東京大会の予定通りの開催に向けて、準備を進める方針に変わりがないことを伝え、トランプ大統領は延期には言及せず、開催に向けた日本の取り組みを評価したという。

会談後、トランプ大統領はツイッターに、「日本と安倍首相にとってよいことが起きるだろう。選択肢はたくさんある」と投稿した。

安倍首相は13日午後、学校の一斉休校を決めたフランスのマクロン大統領とも電話で会談する予定。

(2020/03/13)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

★チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み