ソフトバンクグループの孫正義社長が新型コロナウイルスの感染拡大で不足しているマスク100万枚を寄付すると表明しました。

 孫氏は12日夜、ツイッターで「マスク100万枚寄付します」「介護施設と開業医へ」と投稿して感染拡大で不足するマスクを医療機関などに無償で提供する考えを示しました。また、調達するための発注はすでに完了したということです。孫氏はこの投稿の前に新型コロナウイルスの感染の有無を判定するPCR検査を100万人分、無償で提供する考えを表明していましたが、ツイッターには「医療機関の混乱を招く」などと批判的な声が相次ぎ、撤回していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み