12日に発表された、注目の検査キット。

大阪市に本社がある繊維メーカー・クラボウが、午後4時すぎに会見を開き、新型コロナウイルス感染の有無を短時間で判定できるキットの輸入販売を発表した。

クラボウの会見「15分で判定が可能な研究用の試薬キットとなっている」

少量の血液を垂らすだけで、新型コロナウイルスに感染しているかどうかが、15分ほどでわかるという。

これまでの「PCR検査」では、感染初期の場合、ウイルスの検出が難しいとされていたが、この検査キットは、感染初期の判定が可能だという。

クラボウの会見「新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、迅速な検査方法のニーズが高まっている背景から、今回の抗体検査試薬キットの発売に至りました」

新型コロナウイルスの検査をめぐっては11日、ソフトバンクグループの孫正義社長が、「PCR検査」を100万人分無償で提供するとツイート。

しかし、疑問の声が相次ぎ、断念する見通しとなった。

クラボウの会見「元々、新型コロナウイルスがはじまった、中国の検査薬メーカーが開発したものになる」

発表によると、今回の検査キットは95%の精度で判定が可能。

中国では、すでに医療現場で採用されているといい、判定に血液を使うため、検査にともなう2次感染のリスクも軽減できるとしている。

価格は、10検体分で2万5,000円。

研究機関や検査機関などに向けて、16日から販売する予定。

(関西テレビ)

(2020/03/12)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み