新型コロナウイルスについて、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長は、世界的な流行を示す「パンデミック」に相当すると表明した。

これについて、安倍首相は、「国際社会と協力して対応を強めたい」と強調した。

テドロス事務局長「新型コロナウイルスは、『パンデミック』に相当するとわれわれは評価している」

安倍首相「日本としても、これまで以上に国際社会と協力をしながら対応を強めていきたいと思う」

さらに、安倍首相は、「警戒を緩めることなく、必要な対策はちゅうちょなく決断して実行する。感染の広がりを抑えるために全力を尽くしたい」と述べた。

また、政府高官は、WHOが「パンデミック相当」としたことについて、「政府の対応は全く変えない。それを前提にやっている」と強調した。

(2020/03/12)


FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み