「妊娠率190%アップ」という宣伝に根拠はありませんでした。

 東京・渋谷区の株式会社ゼネラルリンクは妊娠を望む女性のいわゆる「妊活」をサポートするサプリメントをインターネット上で販売しています。高機能のマカを配合していて、「授かり率が190%高まる」「妊娠率190%アップ」などとウェブサイトに掲載していましたが、それを証明する実験の数が少ないなど科学的根拠はありませんでした。消費者庁はこうした宣伝が景品表示法違反にあたるとして、ゼネラルリンクに改善を命じています。ゼネラルリンクは今月末をめどにこの商品の販売を取りやめるとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み