新型コロナウイルスが、政府間の会議にも影響しています。

 輸出管理を巡る日韓の局長級の政策対話が去年12月以来、約3カ月ぶりに開かれました。当初はソウルで開催の予定でしたが、新型コロナウイルスの影響による日本の水際対策強化を受け、日本政府関係者の韓国からの帰国が制限されることになるため、テレビ会議となりました。対話では、輸出管理を巡る法整備などについて意見が交わされる見通しですが、経済産業省幹部は「韓国側の管理体制が変わらない限り、強化した措置を見直す可能性はない」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み