福島第一原発の事故で帰還困難区域になった福島県富岡町の一部で10日朝、避難指示が解除されました。

 避難指示が解除されたのは、帰還困難区域になっていた富岡町の夜ノ森駅やその周辺の道路などです。この地域は14日のJR常磐線の全線再開に向けて、除染や駅の整備などが先行して進められてきました。
 帰還困難区域に自宅がある富岡町民:「常磐線全部が通れるのは人の流れが変わってくることだと思うので、すごくうれしい」
 一方、避難指示が解除された場所では町の復興のシンボルである「夜の森のさくら」のイベントが予定されていましたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて10日に中止が決定しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み