新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための一斉休校を受けて、大手コンビニが学童保育施設を利用している子どもにおにぎりを無償で提供しました。

 ローソンは10日、全国の1800ほどの学童施設に約14万3000個のおにぎりを届けます。希望を募ったところ、延べ5000施設が提供を希望し、必要なおにぎりは当初の計画の3万個から13倍近い38万6000個に増えました。17日と24日にも学童施設におにぎりを届けます。また、牛丼チェーンの吉野家は、子どもの食事として持ち帰る場合は牛丼の価格を割り引いて販売します。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み