IEA=国際エネルギー機関は9日に公表した3月の石油月報で、今年の世界の石油需要が、1年前と比べて、日量9万バレル減少するとの予測を示しました。
新型コロナウイルスの感染拡大により、中国や日本、ヨーロッパなどで需要が落ち込むためとしていて、前年を割り込むのは、リーマンショック後の2009年以来11年ぶりとなります。

新規コメントの書き込み