プロ野球は9日の「臨時12球団代表者会議」で、20日に開幕を予定していたセ・パ両リーグの公式戦の開幕を延期することを決定しました。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けての判断で、NPB(日本野球機構)の斉藤コミッショナーは「多くのファンに支えられているプロ野球としてどう行動すべきなのか、選手はもとよりスタッフや家族を守り、何よりもファンの皆様を守りたい、同時にプロ野球の文化を守りたいという決断であることをご理解頂きたい」としています。延期期間などの詳細については専門家からの提言を受けて12日以降に決定するとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み