新型コロナウイルスへの感染対策として、日本政府はきょう午前0時から中国と韓国からの入国制限を強化しました。
入国者には自宅やホテルで2週間の待機を求めています。

「午前8時30分です。韓国から到着した人たちがいま検疫ブースで問診票に健康状態と日本での滞在先を記入しています」

午前8時すぎに韓国のソウルから成田空港に到着した便には、8人の乗客が搭乗していましたが全員宿泊先で2週間の待機が求められました。
中韓両国からの到着は成田空港と関西空港に限定していて、入国者には滞在期間や待機場所を申告してもらうよう求めています。
また政府は韓国・香港・マカオについて90日以内の短期滞在で認めていたビザの免除も停止しました。
こうした入国制限により中韓からの新規入国はほぼなくなると見られ、経済活動への影響も心配されます。

新規コメントの書き込み