安倍総理大臣は新型肺炎の感染拡大を受けた第2弾の緊急対策で打撃を受けた事業者が営業を続けられるよう無利子・無担保の融資制度を創設する方針を表明しました。

 安倍総理大臣:「日本政策金融公庫等において、特別貸付制度を創設し、売上が急減した個人事業主を含む中小小規模事業者に対して、実質、無利子・無担保の融資を行うことと致します」
 このほか、小中学校の臨時休校で休職を余儀なくされた保護者については、正社員かどうかにかかわらず国費で給与を手当てする助成制度を作る方針を示しました。また、学童クラブで開所時間の前倒しをした場合を念頭に、その分の追加費用について全額を国庫負担とすることも盛り込まれます。第2弾の緊急対策は10日に取りまとめられる見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み