WHO=世界保健機関は6日、日本と韓国が新型コロナウイルスの感染拡大を受け相互に入国制限を打ち出したことについて、政治的争いを避けるよう自制を促しました。
WHOライアン氏「渡航制限を巡る政治的争いではなく、感染拡大への対応に集中すべきだ。」
WHOで緊急事態への対応を統括するライアン氏はこのように述べ、日韓が入国制限に過度に重点を置くことは感染拡大への対応に有益ではないとして自制を促しました。
一方、気象の条件とウイルス活動の関連について触れ、「インフルエンザのように夏になれば消滅するという根拠は見つかっていない」として、事態を楽観視しないよう求めました。

新規コメントの書き込み