新型コロナウイルスの感染拡大で日本ではマスク不足が続く一方、中国では市場にマスクが戻り始めています。

 中国当局によりますと、中国のマスク生産能力は先月1日時点では一日2000万枚程度でしたが、先月末の時点で5倍以上の1億1000万枚に達しました。中国政府はマスクなどの医療用品の生産に参入した企業に補助金を支給していることから、現在、自動車メーカーや電子部品メーカーなど異業種の企業が相次いでマスクの生産に参入しています。一時は品切れが続いたネット通販や薬局にマスクが戻り始めています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み