政権発足から約7年3カ月。菅官房長官が連日、行ってきた記者会見が6日で3000回に達しました。

 菅官房長官:「毎日、午前午後、皆さんから様々なご指摘を頂きながら、できる限り誠意を持って取り組んできた結果として、もう3000回になってしまったのかなあというのが正直な気持ちであります」
 菅長官は一日2回の定例の記者会見に加え、北朝鮮によるミサイル発射や災害時には深夜、早朝を問わず緊急会見を開き、危機管理を最優先する姿勢を示してきました。また、去年の4月には新元号「令和」も発表し、知名度を一気に高めました。一方で、最近は桜を見る会を巡る問題などで追及を受けて応答に窮する場面も度々、見られます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み