新型コロナウイルス対策で皇居の乾通りの一般公開が取りやめになりました。

 宮内庁は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて春に恒例の乾通りの一般公開について中止を発表しました。桜などが楽しめることから去年の春は9日間の公開で約38万人が訪れました。担当者は「全国から大勢の人が集まるうえ、写真撮影などで人が長くとどまることはリスクが高い」と話しています。コロナ対策で宮内庁は、一般の受け入れを次々に中止にしていて、2月の天皇誕生日には一般参賀が取りやめになっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み