政府は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受ける40業種について、金融機関からの融資が受けやすくするセーフティネット保証制度の適用条件をきょうから緩和します。
この制度は中小企業の資金繰りを支援するもので、政府が借入金の80%を保証して金融機関からの融資を受けやすくします。
これまでは直近の単月売上高が前の年の同じ月と比べ20%以上減少していることが条件でした。
これを直近3ヵ月の売上高が前の年の同じ期と比べ5%以上減少した場合に適用できるよう条件を緩和しました。
感染拡大の影響が特に懸念される旅館や飲食店、遊園地フィットネスクラブといった業種の利用を見込んでいます。

新規コメントの書き込み