新型コロナウイルスによる新型肺炎の拡大を受けて、政府が、中国や韓国、イランに滞在した外国人の日本への入国管理について、より一段の強化を行う方針を固めたことが政府関係者への取材で分かりました。
具体的には、すでに発給したビザの効力を停止することなどを検討しています。
感染拡大が続く国々からの日本への入国を規制することで国内での感染拡大を防ぐ狙いで、近く安倍総理大臣が表明します。

新規コメントの書き込み