4日のニューヨーク株式市場のダウ平均は1日の上げ幅が史上2番目の1,173ドルを記録しました。
4日のニューヨーク株式市場のダウ平均は2万7,090ドルと前の日から1,173ドル値を上げて取引を終えました。2日の1,293ドルに次いで史上2番目の上げ幅です。
アメリカ大統領選に向けた民主党の候補者選びでバイデン前副大統領が躍進したことを受け大幅に買い戻されました。
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴う景気対策として、各国の主要中央銀行が金融緩和に動くとの期待感も株価の支えになりました。

新規コメントの書き込み