新型コロナウイルスの感染拡大で需要が低下していることを受け、アメリカのデルタ航空は4日、アメリカの主要都市と日本を結ぶ便の一部を減らすと発表しました。
期間は今月7日から来月30日までで現在、毎日運行している成田=アトランタ線などを週3便から5便に減らすということです。
また、スイス・インターナショナル・エアラインズも、チューリヒと日本を結ぶ便を週2便減らすとしています。

新規コメントの書き込み