FRB=連邦準備制度理事会は4日に公表した地区連銀経済報告で、アメリカ経済は「緩やかに拡大した」と総括しました。
ただ、新型コロナウイルスによるアメリカ経済への悪影響が出始めているとも指摘しています。
新型コロナウイルスの影響でニューヨーク地区ではブロードウェイの入場者と売り上げが大きく落ち込んだと報告されるなど、新型コロナウイルスが旅行・観光業に打撃を与えているとしています。
また、製造業は、供給網に遅れが生じていていて、今後、数週間のさらなる混乱を懸念する声も出ているとしています。

新規コメントの書き込み