福島第一原発の事故の影響で福島県大熊町に出されていた避難指示の一部が5日午前0時に解除されました。

 大熊町で避難指示が解除されたのは、これまで放射線量が高く帰還困難区域に指定されていたJRの駅や病院などがある町の中心部の一部です。帰還困難区域の避難指示が解除されたのは初めてです。
 元住民:「徐々に未来に向けての第一歩ということで、うれしく思います」
 ただ今回、避難指示が解除された場所にはまだ人が住むことができず、町は2022年春ごろに住民が帰還できるようにするとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み