新型コロナウイルスの感染を調べる検査について、厚生労働省は公的な保険の対象にすることを決めて当面の間、検査費用は公費で補填されます。

 厚労省は新型コロナウイルスの感染を調べる検査を6日から公的保険を適用できるようにすると各都道府県に通知しました。適用されるのは感染が疑われる患者と退院の判断のために実施する検査です。当面の間、検査費用は公費で補填され、患者の自己負担はないということです。検査はこれまで保健所の許可が必要でしたが、保険適用後は医師の判断でできるようになります。ただ、検査をできるのは感染の防止対策が整った医療機関に限られていて、しばらくは自治体から紹介された専門外来を受診する必要があるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み