新型コロナウイルスの感染拡大防止のために上海市政府が日本からの渡航者を隔離すると発表したことを受け、本格再開を進める日系企業の間で懸念の声が出ています。

 上海市は3日に日本からの渡航者を14日間、自宅や指定施設で隔離すると発表しました。これを受け、上海の空港には予定を早めて帰国する日系企業の出張者の姿が見られました。
 日本から出張者:「ホテルの支配人から帰った方が良いと言われ、急きょ、ホテルをチェックアウトして、チケット取り直して一日早く帰ろうとしています。出張者は日本から来ないと思いますね」
 上海では企業が徐々に再開し、日本に一時退避していた駐在員やその家族のUターンが進み始めていた矢先でした。ジェトロ上海事務所は「企業活動の再開を進める日本企業への影響が懸念される」としています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み