東京都は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、駅の中で自分の体温を測れる装置をきょう、設置しました。

記者レポート
「改札の前に設置されたのは、自分で体温をチェックできるサーモグラフィーです」

大江戸線の都庁前駅に都が設置した「駅ナカ検温コーナー」は電車に乗る前に客が赤外線のサーモグラフィーカメラで自分の体温をチェックすることができます。

発熱があった場合に相談できるように、「帰国者・接触者電話相談センター」などの番号が張り出されています。

都内ではこれまで40人の感染が確認されていて、都はウイルスの拡散防止をはかりたい考えです。
♯新型コロナウイルス♯検温コーナー♯サーモグラフィー♯東京都♯小池百合子♯大江戸線都庁前駅

新規コメントの書き込み