中東のパレスチナ自治区でNGO(非政府組織)で働く日本人女性が「コロナ、コロナ」とからかわれたうえに暴行を受ける事件が起き、パレスチナ人の女が警察に逮捕されました。

 現地メディアによりますと、パレスチナ自治区のラマラで1日、パレスチナを支援するNGOで働く日本人女性が通りすがりのパレスチナ人の女から「コロナ、コロナ」とからかわれました。女性がスマートフォンで撮影するふりをすると、パレスチナ人の女は逆上して女性の髪を引っ張るなどの暴行を加えました。パレスチナの警察は暴行の疑いで2日までにこのパレスチナ人の女を逮捕しました。パレスチナ自治区では新型コロナウイルスの感染者は確認されていませんが、イスラエルではこれまでに12人の感染者が確認されています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み