中国では新型コロナウイルスの影響ですべての学校の休校が続いていますが、ある小学校では校長先生がバイクで子どもたちの所を回っています。

 新型コロナウイルスの感染が深刻な湖北省に隣接する江西省。その山あいの小学校に勤務する羅校長は朝からパソコンで教材を作成し、出来上がるとUSBメモリーに入れてバイクで出発します。中国では春節の連休以来、すべての学校で休校が続いていて、この村では先月10日にオンライン授業がスタートしました。しかし、山奥の集落は電波状況が悪く、生徒は電波が入る山まで登らなければなりませんでした。そこで校長先生は毎日、山道を20キロ以上、移動して子どもたちに教材となる動画を届けているのです。そんな校長先生、時にはそのまま生徒に授業を行ってしまうこともあるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み