横浜港のクルーズ船の乗客だった静岡市に住む60代の男性が下船直後にスポーツクラブを訪れて浴室を利用していたことが分かりました。この男性はこの後、新型コロナウイルスに感染していたことが確認されました。

 静岡市によりますと、男性は大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の乗客で、下船した先月20日と22日に静岡市内の「スポーツクラブセイシン千代田」の浴室を利用していたということです。男性は28日に感染が確認されました。29日にスポーツクラブの職員から保健所に問い合わせがあり、明らかになりました。スポーツクラブでは今月1日を臨時休館とし、市の職員による消毒が実施されました。静岡市は今後、同じ時間帯に浴室を利用した男性客と施設の職員に対し、健康観察を実施するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み