自衛隊も参加してタイで行われている多国間軍事演習で、海外に住む日本人を救出する訓練が行われました。

 日本やアメリカなど7カ国が参加する東南アジア最大規模の多国間軍事演習「コブラゴールド」の一環で、治安が悪化した地域から在留する日本人を退避させる訓練が行われました。訓練には自衛隊ら約200人のほか、タイにある日本大使館の職員の家族ら43人が参加しました。今回のコブラゴールドは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一部の参加国が規模を縮小するなどの影響が出ています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み