混雑していても大丈夫。

空港内を、人をよけてゆっくりと走る。

ぱっちりおめめで走る、小さな車。

成田空港で行われた自動運転モビリティ「RakuRo」を活用した実証実験。

お子さん連れや高齢者の方など、利用客の空港内の移動の乗り物。

付属のタブレットで行き先を押すと、自動で走行。

最高時速6kmと、人が歩くぐらいのゆっくりとしたスピード。

もしも前方の人に接近すると、内蔵されたカメラやセンサーが、人や障害物を感知。

自動でよけたり止まったりする。

ANAイノベーション・KAIZEN部の達野直樹マネジャー「特に高齢者とかは、飛行機に乗るよりも前の段階で、移動が大変だということで、旅行をちゅうちょする方もいると聞いているので、シームレスに移動ができれば、どんどん旅行に行こうと思う方も多いのではないか」

エリアが広く、乗り継ぎの動線も複雑な成田空港。

今後、外国人観光客が増えた場合、空港スタッフが不足することも懸念されている。

小型モビリティが今後、空港が抱える問題解決に一役買うことができるのか、期待が高まる。

(2020/02/29)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み