アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた入国拒否の対象を、中国以外にも広げることを検討していると表明した。

トランプ大統領は28日、「感染者が急増している国からの入国を拒否するか、間もなく判断する」と述べ、すでに入国拒否の対象にしている中国以外に、感染者が増えている国も対象に加えるかどうかを近く判断すると明らかにした。

この日、アメリカの航空大手・ユナイテッド航空は、日本や韓国、シンガポールと結ぶ便の休止や減便を発表していて、今後の感染の広がり次第では、日本からのアメリカ入国が制限される可能性も出ている。

(2020/02/29)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み