安倍総理大臣は4月に予定されている習近平国家主席の国賓としての来日について、中国の外交トップ・楊潔チ政治局委員と会談しました。

 安倍総理大臣:「日中両国関係にとり、極めて重要であると考えている。十分な成果を上げるため、入念な準備を行わなければならない」
 習主席の来日に関しては、新型コロナウイルスの感染の拡大の影響から外交当局の間で準備の遅れが目立っています。楊氏は「習首席が日本を国賓として訪問することは重要な意義があり、様々な準備をこなしていく」と応じましたが、4月上旬の来日が実現するかは不透明です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み