和歌山県によりますと、新型コロナウイルスに感染し、入院していた70代の男性が死亡しました。

 死亡したのは70代の農業の男性で、済生会有田病院を受診したことがあり、13日に感染が確認されました。症状が重く、人工呼吸器をつけている状態だったということです。感染者の国内の死者はクルーズ船の乗船者を含めて9人目で、西日本では初めてです。済生会有田病院では、これまで医師や患者ら合わせて5人が新型コロナウイルスに感染していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み