IOC(国際オリンピック委員会)の委員が、東京オリンピックの開催延期の可能性について発言したことを受けて、バッハ会長は、開催に向けて予定通り全力で準備を進める考えを示した。

バッハ会長は27日、緊急の電話記者会見を行い、開催延期の可能性などについて「臆測の火に油は注がない」と言及を避けながらも、「素晴らしい大会を約束する」と述べ、予定通り開催する意向を示した。

IOC・ディック・パウンド委員「われわれは、WHO(世界保健機関)など専門機関と常時連絡を取り合っていて、状況がはっきりすれば、(東京五輪を)開催するべきなのか、変更するべきなのかを決めることができる」

一方、IOCのパウンド委員は27日、FNNの取材に対し、一部メディアで言及してきた「延期」や「中止」には触れず、WHO(世界保健機関)などの意見をふまえて、しかるべき時期に判断すべきだとこれまでの発言の意図を明かした。

(2020/02/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み