新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、安倍首相が27日に全国の小中高校などに3月2日から春休みまで臨時休校するよう要請したことについて、萩生田文科相は、休校の期間などは、自治体が柔軟に判断するよう求めた。

萩生田文科相「臨時休業を実施する期間や形態については、地域や学校の実情をふまえて、設置者において、さまざまな工夫があって良いと考えている」

27日に政府の新型コロナウイルス感染症対策本部で、全国の小中高校などについて、3月2日から春休みまで一斉に臨時休校にする方針が示され、文科省は28日朝、全国に方針を通知した。

萩生田文科相は閣議後の会見で、「地域の実情をふまえて、さまざまな工夫があっていい」と述べ、休校の期間や実施形態について、それぞれの自治体に判断を求める考えを示した。

また、全国一斉休校を決めた理由については、「専門家から、かねてより、学校は集団感染のリスクが高いという意見があり、政府が大方針を示した」としている。

文科省は、休校中、児童生徒は基本的に自宅で過ごし、不要不急の外出を避けるよう求めているが、共働きやひとり親の家庭への配慮をどうするかなど、問題は山積している。

(2020/02/28)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み