新型コロナウイルスの感染が拡大する中東のイランで保健省の次官に続き、副大統領もウイルスに感染していたことが明らかになりました。

 イラン国営通信は27日、女性問題や家族問題を担当するエブテカール副大統領が新型コロナウイルスに感染していたと報じました。エブテカール副大統領は、26日の閣議にもロウハニ大統領らとともに出席していました。イランでは感染対策の責任者を務めていた保健省のハリルチ次官も感染していて、政権幹部の間で感染が広がっている恐れがあります。イランでは、これまでに245人の感染が確認されて26人が死亡しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み