立憲民主党など野党は、森雅子法務大臣の不信任決議案と棚橋予算委員長の解任決議案を国会に提出しました。

 野党側は、安倍政権がこれまでの解釈を変えて東京高検の検事長の定年延長を決めたことは司法制度の根幹を揺るがす事態だとして、森大臣の不信任決議案を提出しました。また、衆議院予算委員会で公平公正な委員会運営がなされなかったとして、棚橋委員長の解任決議案を提出しました。ただ、この後の衆議院本会議で与党側の反対多数によって両案とも否決される見通しです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み