東京・日野市で22日に介護老人保健施設で利用者を送迎する運転手の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。「高齢者は重症化しやすい」ともいわれていますが、この施設の利用者はどうなっているのでしょうか。

 日野市で22日、介護老人保健施設で利用者を送迎する運転手をしていた60代の男性職員の感染が確認されました。この介護老人施設のホームページには「当施設に勤務する通所担当送迎ドライバー(週3回勤務、1週あたりの平均勤務時間12時間)が、新型コロナウイルスに感染したことが判明致しました」。高齢者は「重症化しやすい」とされていますが、22日に感染が確認されてから5日目の今、どうなっているのでしょうか。東京都に確認したところ、濃厚接触が疑われる約80人に検査を実施。利用者30人と施設職員50人「全員が陰性」で、現在のところ、利用者の感染は「確認されていない」ということです。また、感染した60代の運転手の男性は中国への渡航歴はなく、感染経路は不明で、現在は都内の病院に入院中ですが、「重症」だということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み