新型コロナウイルスの感染が広がる中、SNSを中心に、根拠のない情報が出回って、困惑が広がっている。

実際にLINEで出回ったものは、「医療機関に勤めている方から情報が入ったのでシェアします」という前置きのあと、「今回のコロナウイルス、熱に弱いことがわかりました。26度から27度の温度で死滅します。そのため、より多くのお湯を飲んでください」と呼びかける内容のもの。

これは本当に根拠があるのか、ナビタスクリニックの久住英二理事長に聞いた。

久住さんによると、そもそも人間の内臓は38度くらいあるため、26度から27度で死滅するなら、感染をしないという。

ただ、水分補給は、粘膜の機能を正常に保つ効果はあるとしている。

ほかにも、「新型コロナウイルスの予防にビタミンDが効く」という話も出回ったが、これについては、「ビタミンDを補給することで、感染予防ができるという科学的根拠はない」という。

また、韓国でも不確かな情報の拡散が起きている。

「使ったマスクを電子レンジでチンすると、再利用できる」というような内容だというが、これについては、「高温になれば、表面のウイルスこそ死ぬと思うけれども、そもそも針金から火花が出て、ゴムが溶けるなどして、再利用はできないだろう」という。

さらに、国内では新型コロナウイルスを題材にして、不正なURLに誘導する攻撃メールも出回っていて、厚労省が注意を呼びかけている。

(2020/02/27)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

新規コメントの書き込み