「感染拡大は避けられないとは思わない。もちろん可能性はあるが何が起きても万全の準備はできている」
トランプ大統領はこのように述べ、アメリカでの「感染拡大への備えは万全で、パニックになる必要は無い」と強調しました。
また、アメリカ国内でのインフルエンザによる死者数が、年間2万5,000人から6万9,000人とのデータを紹介した上で、「新型コロナウイルスの感染者は15人である」と述べ、感染リスクは「とても低い水準を保っている」と主張しました。
会見では、ペンス副大統領を、対策チームのトップとし、感染拡大の防止に向けた対策にあたることを明らかにしました。
#トランプ#新型肺炎#新型コロナウイルス#ペンス#CDC#インフルエンザ#アメリカ

新規コメントの書き込み