神奈川県はきょう、新型コロナウイルスを迅速かつ、高感度に検出できる新たな方法を開発したと発表しました。
県によりますと、神奈川県の衛生研究所と理化学研究所が共同で開発したこの方法では、これまでおよそ2時間かかっていたウイルスの検出を10分から30分で行えるということです。
今後は研究機関などとともに実証研究を始め、実用に向けた手続きを進めていく方針です。
#神奈川県衛生研究所#理化学研究所#PCR#スマートアンプ#新型コロナウイルス

新規コメントの書き込み