防衛省は日本関係船舶の安全確保のため中東に派遣されている海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」が日本時間の26日から活動を開始したと発表しました。

 2日に神奈川県の横須賀基地を出発したたかなみは26日からアラビア海北部で情報収集任務を開始しました。また、P3C哨戒機は活動開始から1カ月が経過しましたが、今のところ日本関係の船舶を脅かすような不審船は発見されていないということです。たかなみは今後、アラビア海北部のほか、オマーン湾やアデン湾の公海で活動を行う予定です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み