資生堂が国内で働く従業員の約3分の1にあたる8000人を在宅勤務に切り替えます。

 資生堂では新型コロナウイルスの感染拡大を受け、26日から東京・汐留の本社などに勤務するグループ従業員のうち社長や役員も含めた8000人を原則、在宅勤務とします。工場で働く生産担当者や百貨店などに勤務する美容部員は出勤しますが、引き続き客にメイクをするなどの肌に触れるサービスは自粛するということです。資生堂は在宅勤務の期間を来月6日までとしていますが、今後の感染状況によって柔軟に検討するということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

新規コメントの書き込み